NHKには絶対に理解できないババアピルのこと

1975アメリカFDAは40歳以上の女性に対してピルのリスクが高いのでピル以外の避妊法を使用すように勧告しましたそれ以降ピルの供給期間はピルの禁止年齢を厳格にして避妊統計をみてもアメリカの高齢女性には卵管けっさく法などの採用率が高くなっていますところが1989年FDAは健康でタバコを吸わない女性に対してピルの使用に関する年齢上限を廃止する決定を公表しましたアメリカ産婦人科学会もその前年にピルは45までの健康でタバコをすわない女性にとっては安全といっていますピルの重大な副作用である心筋梗塞と脳卒中は凝固因子を増加させている大量のエストロゲンの影響とプロゲストーゲンの動脈硬化誘発性もに関連していますそこでピルに改良を加えて現在のピルはエストロゲンを30から40の低用量しか含まないものになりましたプロゲストーゲンも少量で有効に作用して脂質代謝動脈硬化への悪影響がほとんどないものが開発され使用されるようになりましたピルが実用化された最初のころは服用を希望したほとんどの女性に無差別に処方されていましたしかし今ではがんから糖尿病にいたるいろいろな病気にかかっている女性に処方されることはなくなりました心臓発作や脳卒中のリスクをもつ女性タバコを吸い高血圧または肥満でコレステロールが高く心臓疾患の病気になったことがある人も除外されています低用量ピルが安全になったこと意外にこのような慎重な処方によりピルによる心筋梗塞や脳卒中を減少させることができていますこのことから処方前の検査の必要性と重要性の認識が大事です女性ホルモンサプリメントはベルタプエラリア通販購入して アメリカの心筋梗塞の発生度は男女とも過去20年で減少してこのような変化に大きく貢献したのは食生活の改善運動の増大喫煙の減少によるものですピル服用の年齢制限がかせられた1970年代後半から40歳49歳の女性の心筋梗塞の発生は半減していますピルの使用がはじめて顕著になり始めた1965年と比べるとその発生頻度は3分の1で脳卒中も同様に減少しています