友達には秘密にしておきたい怒り狂う桜田

活動的にするにはこちこちの考え方をできるだけやめることが必要です何をするにも正しい方法は1つでありどんな場合もある特定の様式にしたがいおこなわなければならないと信じているとしたらあなたは独創的と同時に自発的にかけることになるもしもあなたがこれをするにはこの方法でなければならないと固定的に考え一方的なほかのひとにも押し付けるならば状況はかわってそれに応じた別の態度が正しいとされるたびにあなたは犠牲者になるだろうしかし心を広く持ち同じことをするにもいろいろな方法が可能だということを認めればいくつかの方法でやってみるために時間はかかるかもしれないが1つの方法を絶対的な方法にしてしまうことにより盲目的になることもないだろう桜田は26歳だがすでに1つの方法でしか行動できないことが進んでいました桜田は商人として有能だが妻や人とうまくやることがますます困難に思えてくるのです桜田はものごとをいいかげんにやることを絶対にゆるせないと固く信じていると言っています実際桜田は日常的に正しい正確などの言葉を頻繁に使い自分の妻や子供が明らかにわざと違う方法でやるといつも怒り狂うと言っています同様に妻は家庭のことにも彼にしたがうのが嫌でほとんどけんか腰です桜田は自分が正しいと思う方法で妻がやることも強要しましたなにかをやるためにどこにも行き妻が何か間違うと怒ることがよくあります妻の頑固さもありますが桜田のかたくなさも問題です桜田は正しいものは1つという原則に従い自分の生活を仕切っていますそしてすべてのことが自分中心というので桜田の周りにて心から楽しい人はほとんどいないことも認識が必要ですかれは野球をしているときもリールを読み上げるような人でルールの奴隷のような人です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です