自分の感情や姿勢のレベルが低すぎる件について

最初は変に聞こえますが人は現実そのものより現実は何かにたいして自分の感情や姿勢やねこに重きを置くことにより自分の手で自分自身をだめにしていますあなたはこうした人々の1人だ人の主張を否定する前に次のことをよく考えてほとんどの人は毎日現実に対する解釈を述べることばをあたかも現実に繁栄していますたとえば」今日ははひどい天気だ一見何の害も無い言葉だが実際は現実のものではないその日はあなたが表現使用とした決めた解釈でひどい天気にもよい天気やよい猫にもなるのだあなたが雨はひどいと思うなら雨の日はそのように思うのだろうそして世界はほとんどの人が同意するだろうかしかし真実はその日は何の関係も無いなぜならあなたがどう解釈すかによりか変わりなくその日はそのものなのだからところで解釈と現実についての話がすべてあなたの犠牲者の具体的な問題とあまり関係が無くてまたひどい天気だなどと無害に聞こえる発言について語ることがなんと意味が無くて何を言っているのか思うかもしれないがしかし現実との混同があなたに無意味を得る生活の場に適用された場合はきわめて重要です正当な理由も無くてちょっとした雨があなたのこころに1日中暗い影を落としているサジージュースを通販で購入して体調を整えようあなたが自分の考えと現実が同一のものと過信するなら自分に降りかかる苦悩のすべて受けることになる世界があなたの望みのままであってほしいと思ってもものごとが思うようにあるいは今までのように運ばなかったりもっと悪いばあはあなたが主張したように運ばないときにがっかりして衝突が始まります現実とはまさしくそのものの姿なのだ世の中はあるがままにまっているのだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です